生まれた意義と生きる喜びを見出そう。

安楽寺は親鸞聖人(1173~1262)を宗祖とする真宗大谷派の寺院です。
「本願力に遇いぬればむなしくすぐる人ぞなき」という言葉に導かれながら、老若男女を問わずいかなる人の、どのような人生にも
自分が生きていることの喜びや、
人生の意味を見失うことのない、
「いのちの有り様」を求めて、阿弥陀仏の救いを
自分自身に明らかにしていく聞法活動をおこなっています。

アナンダこども園は、その実践の一つとして、
子どもたちや、保護者の方々に、共に生きることの歓びや
大切さを実感してもらうための保育に努めています。